Frich(フリッチ)公式ブログ

Frichは「ニッチなほけん」をつくることができるサービスです。 社会変化によって生じる新たなリスクは従来の保険商品ではサポートが難しいため、 そこをP2P型の新たな保障で1つ1つサポートします。 我々は、「保険というセーフティネットから外れるひとがいなくなる」世界を目指します。
固定された記事

Frichの「P2P保険」の仕組み

Frichは、日本初となるP2P互助プラットフォームの開発をしています。 (2020年4月から規制のサンドボックス制度下において、規制の特例措置を設けたうえで実証中) https://…

「英大手保険会社Direct Line GroupのCMOによるテクノロジーを活用した保険のリブランディング」

家や車、最新のガジェットを持ってから、保険のことを考えるようになったとき、年間契約や不明瞭な価格設定、現実的な生活スタイルにそぐわないような複雑なサービス内容な…

    • 共済のプロ 可児先生に訊く
      共済のプロ 可児先生に訊く
      • 7本

      近年、福利厚生の施策として共済会が見直されています。 長年共済会を研究してこられた共済会のエキスパート、千葉商科大学教授で株式会社労務研究所 代表取締役の可児先生にお話を訊きます。

    • 予防による割引
      予防による割引
      • 2本

      Frichでは、グループメンバーにアクシデントが無ければ、翌月の支払いが割引になります。その仕組みを解説します。

    • 用語集
      用語集
      • 1本

      Frichでは、保険業界特有の用語を使う場合があります。こちらでは、そうした専門用語の解説しています。

    • 友だちの招待とグループ
      友だちの招待とグループ
      • 2本

      Frich最大の特徴は、友だち同士でグループをつくることで、アクシデントの予防を図りつつ、アクシデントが無ければ翌月の支払いが割引になるというメリットがえられることです。この仕組みについて解説します。

    • 透明性へのこだわり
      透明性へのこだわり
      • 2本

      Frichでは、加入者が支払ったお金の使途を明らかにしています。

    • すべてのマガジンを表示
+6

「サッカー選手の脚」や「ギタリストの手」に保険がかかる「ロイズ保険市場」とは、一体何なのか。

この世はリスクに満ちており、「万が一」の事態がいつ訪れるかわからない。それに備えるために、私たちは保険に入る。 しかし、究極のリスク、例えば船の沈没や、大規模テ…

なぜ、今、再保険会社を設立するのか?

世界は再保険を扱うスタートアップにとって住みやすい場所ではないようです。 再保険や保険リンク証券(insurance-linked securities(以下、「ILS」)市場には、4200億ド…

5分で学ぶ、P2P保険の本質と将来性

P2P保険とは、従来の保険のように予め定められた手続きを経るのではなく、加入者それぞれが一つの共通口座(保険プール)にお金を支払うことで成立する「保険」のことだ。 …

+1

カスタマーファーストなんて幻想?誠実さを法律で定める理由

「誠意って何かね?」これで菅原文太さんの顔が思い浮かぶ貴方はおそらく私と同世代です。 今回は、「誠実って誰のためかね?」という話です。哲学ではありません、保険の…