返品送料のサポート金申請方法
見出し画像

返品送料のサポート金申請方法

返品送料サポートにおいて、実際にかかった送料を申請する方法をご説明します。

画像1

申請に必要な書類

原本を送付する必要はなく、原本をカメラで撮影して画像にしたり、PDFにして申請することが可能です。(文字が鮮明に読み取れるようにしてください。不鮮明の場合は再提出となってしまいます)

ご用意するもの

必要書類①【発送伝票】

返品する品物を送る際にお届け先などを記入する紙のことです。
この書類では、返品先やあなたの住所や氏名、連絡先の他、荷物の中身などを確認します。

(参考)
①ヤマト運輸の場合、こちら
②佐川急便の場合、こちら
③日本郵便の場合、こちら

必要書類②【発送伝票の伝票番号】

基本的には、必要書類①が提出できればOKです。
発送伝票に書かれている、商品の配送状況を追跡することができる番号です。この番号をもとに、商品が確実に返品されているかを確認します。

(参考)
発送伝票であれば、右上の方にある数字のことで、
①ヤマト郵便の場合、「お問い合わせ送り状番号」
②佐川急便の場合、「お問い合せ送り状No.」
③日本郵便の場合、「お問い合わせ番号」
などと書かれています。

*商品をご返品の際は、追跡可能な宅配便(宅急便・ゆうパックなど)を推奨しています。なお、最近、返品時にレターパックや定形外郵便を利用する方が多いようですが、配送会社での補償制度が無く、配送事故などが発生した際の対応が一切行なえないため、返品の際の送付手段としては推奨していなECサイトが多いようです。返品時にあらかじめよくご確認ください。

必要書類③【購入情報がわかる書類】

返品する商品を、そのECサイトで購入したことを証明する書類のコピー(キャプチャ)が必要です。
領収書や納品書が同梱されていればそちらを、無ければ購入履歴やメールのキャプチャ画面をお送りください。

必要書類④【返品票】

最後に、返品時に記入した「返品票」をご提出ください。

(参考)
ユニクロの場合、「返品カード
ZOZOTOWNの場合、「返品案内のメール
など。

以上をPDF等にしてご用意いただければOKです。

あとは、自分が所属するグループのページから、返品理由とともに申請すれば申請完了です!

正しく申請されていれば、申請が受理されてから、最短3営業日以内をめどに指定した申請者本人の口座にお金が振り込まれます。

共済金請求

なお、振込先口座情報は、メニューの「設定変更」のところから設定できます。予め忘れずに設定するようにしてくださいね!

画像4


嬉しいです。また見てください!
Frichは「ニッチなほけん」をつくることができるサービスです。 社会変化によって生じる新たなリスクは従来の保険商品ではサポートが難しいため、 そこをP2P型の新たな保障で1つ1つサポートします。 我々は、「保険というセーフティネットから外れるひとがいなくなる」世界を目指します。